記事一覧

デアゴ ミレニアムファルコン25 連絡チューブその2

接着剤が硬化したので、上の連絡チューブのモールド修正を始めました
ドレメルのルーターも使ってみたかったので、デザインナイフの刃を加工

写真 2017-09-07 22 29 40

写真 2017-09-07 22 29 41

左から2つは通常のデザインナイフの刃で右が平刃を加工してノミを作成

ドレメルルーターはイイ感じですね、回転数も調整できるしパワーがあります!

連絡チューブにガイドテープを貼り、作った刃を使ってとりあえず切り欠きの追加

写真 2017-09-07 22 29 42

ふぃー、、、なんとか1つ切り欠きを追加しました、これ1コに20分位かかりましたが、、、上側は残り3コです

写真 2017-09-07 22 29 43

写真 2017-09-07 22 29 44

ようやく切り欠きの加工が終わったので、接着したプラ材が邪魔なのでカッターで大まかにカットし、あとはひたすらヤスリがけ

スタジオモデルとにらめっこしてると、フォースの覚醒からのスタジオモデルは合せ目上の横モールドがなくなった代わりに、縦モールドが下までいっているようです

ココもガイドテープをあてて

写真 2017-09-07 22 29 47

1mm幅のラインチゼルもBMCタガネも持っていないじゃないですか!

まーこんな大型モデル作ったことないですからね、とりあえず0.5mmのラインチゼルとホビーノコをつかってモールド追加

写真 2017-09-07 22 29 49

上側の加工はこんな感じ

写真 2017-09-07 22 29 48

写真 2017-09-07 22 29 50

写真 2017-09-07 22 29 51

次は、細かいトコロの処理して下側の加工に移ります


コメント

コメントの投稿

非公開コメント